ピナレロショップ横浜店の福本です。

ロードバイクのフラッグシップモデルといえば、「DOGMA」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。本日情報解禁となりました、「DOGMA F “MY25″」について早速ご紹介をしていきたいと思います。販売店向け展示、発表会で実車を見た感想が中心の記事となります。

※便宜上、24年までのDOGMA Fを「初代F」、25年モデルを「新型F」と表記いたします。

 

カラーラインナップ

G110 Luxter Red Gold

G111 BOB

 

G112 Luxter Blue

G113 EDGE Crystal White

G114 Luxter Venice

G115 Aurik Yellow

 

G116 GRENADIER(チームカラー※グラフィックは2024/6/20時点で未発表、6月27日のツール・ド・フランス チームプレゼンテーションにて発表される予定です。)

 

どこが変わったのか

モデルチェンジ、と聞けば前作からどこが変わったのか、前作から軽くなったのか、など前作や過去の作品と比較して考えられる方が多いと思います。

今回の「新型F」に関して、「初代F」と大きな変更点と3つ挙げると

  • 「タイヤキャパシティーが28C → 30Cまで許容するようになった 」
  • 「F12から継続採用されていたハンドル周りが刷新された」
  • 「フレーム、フォークのスルーアクスル挿入部が貫通式ではなく閉口式となった」

 

以上のようなトピックが主なところになるでしょう。

 

要約すると、「太いタイヤで安定感、トラクション、振動を抑え、前面投影面積の少ないハンドル周りとフレームの細部をブラッシュアップすることによりで空気抵抗の低減を狙った」のが「新型F」です。

細かなところは今後少しずつ掘り下げていきたいと思います。

モデルネームについても「今度はDOGMA〇〇になるんだろう?」「DOGMAネームはFで終わりなのか?」など様々憶測が飛びましたが蓋を開けてみれば、「DOGMA F」と名称の変更はありませんでした。(ピナレロジャパンカタログにはDOGMA F MY25と表記されております。MYとはメイドイヤーの略称です)

スタイリングも「初代F」「新型F」とご覧いただいて初代、新型の認識がすぐにできる方は余程のピナレロフリークでしょう。外観的には大きな変化はありませんでした。しかしながら美しい6色のラインナップは新型の登場に華を添えるラインナップです。

 

新型Fは良いのか?

TEAM SKY、TEAM INEOS Grenadiersに長きにわたり在籍し10年以上ピナレロでレースをしているツールドフランスチャンピオンのゲラント・トーマス選手も「新しいモデルが出るたびにもちろん新しいバイクに乗るんだけど正直いって大きな変化はない」とプロモーションビデオ内で発言しております。しかし同時に「期待を裏切られることもない」ともコメントしております。

記事冒頭にも記しましたが、長きにわたりロードバイクのフラッグシップといえば、という問いに「ドグマ」を思い浮かべる方が多いということはそれだけ期待度も高く、様々なレベルのサイクリストの羨望のモデルであることは間違いありません。

「100万以上するんだから良いのは当たり前では?」というご意見も多いと思います。また、「DOGMAはプロ用に作られているから一般のサイクリストには不要」というご意見もあるでしょう。私もその意見には賛成です。「DOGMA」の性能を100%に近いレベルで引き出せる脚力があればチームイネオスからオファーが来るでしょう。私も職業柄、多くのバイクに試乗する機会がありました。もちろん「DOGMA」も65.1以降のバイクは全て体験しております。その中で「DOGMA」にしかない乗り味というのは確かに感じるところであります。「軽やか」「安定感」「機敏さ」というロードバイクに求められる大事な要素を高い次元でバランスが取れているのがやはり「DOGMA」だと思います。この乗り味は我々一般のサイクリストにとっても無駄なものではありません。休日を迎えるたびに「DOGMA」に乗れる喜び「所有する満足感」を、もっと多くの方に味わってほしい、現在のロードバイクのトレンドを盛り込んだ「最新のF」様々なサイクリストの皆さんに体験していただきたいと私は考えます。

「ピナレロショップの店員としてのコメント」ですので忖度なしに語っている、と受け取っていただくには難しいことは理解しておりますが、同じサイクリストの仲間として、少しでもどなたかの気持ちが揺らぐようなことがあれば幸いでございます。長きにわたりその期待に答え続け、結果を残してきた「DOGMA」シリーズ。今回の「新型F」もきっと皆様の期待を裏切ることはないでしょう。私たちとしても少しでもご興味をお持ちいただいたお客様のご相談には全力でお応えする所存であります。

 

展示入荷予定など

ペダリストピナレロショップ横浜店では、ピナレロ専門店としていち早くピナレロファンの皆様にご覧いただきたく、ワールドワイドな発表の本日より店頭にて実車をご覧いただけるご用意をいたしました。もちろん青山店にもご用意しております。

横浜店にはLuxter Veniceカラーの530サイズをご用意いたしました↓

青山店にはLuxter Red GoldとEdge Crystal Whiteの2台を展示しております↓

新型Fの気になる納期ですが、具体的にこのカラー、このサイズというところはご案内ができませんが早ければ来月7月より国内入荷するフレームがあるようです。また、24年末〜25年初頭にかけてが入荷の最盛期となる見込みでございます。先着順の割り当てとなりますので、ぜひお早めにご相談くださいませ。

また、現DOGMA Fオーナー様でお乗り換えをご検討中の方に朗報です。現在DOGMA Fの下取りを強化中でございますので、お得にお乗り換えが可能になりますようご案内させていただきます。まずは査定、お見積りのみでも大歓迎でございます。

ショッピングローンなども併せてご利用可能でございます。

ピナレロファンに嬉しいご成約キャンペーンもご用意しました

新型DOGMA F発表記念キャンペーンとして以下のような催しも開催しております。ピナレロファンなら見逃せないでしょう。

実は先日ピナレロショップ青山店にファウスト・ピナレロさんがいらっしゃいました。その際にピナレロボトルに直筆のサインをいただきましたので数量限定とはなりますが、発売と同時に注文をいただけるピナレロファンの皆様に1本プレゼントをいたします。カラーやサイズなどはその時に残っているものよりお選びいただきます。

プレゼントボトルが無くなり次第こちらのキャンペーンは終了となります。

 

最後に

新しいDOGMAを皆様にご案内できることを嬉しく思います。実際に店頭で実車を目の前にしながらさらに深いお話ができましたらと思いますので、実車をぜひ見たい!というお客様は来店予約フォームよりお時間ご指定の上お越しいただけますと幸いです。